【シャワー】利尻カラーシャンプーと利尻ヘアカラートリートメントを使う時にオススメの道具

シャンプーの前にお湯で洗う

利尻カラーシャンプーを使用する前にシャワーでお湯洗いをすると、汚れが落ち泡立ちも良くなりますので、結果的によく染まるようになると考えます。^^

・ものすごく汚れた髪にいきなりシャンプー液を付けても、全く泡立ちません!
・髪が濡れていない状態でシャンプー液を付けても、全く泡立ちません!

利尻カラーシャンプーは、ふんわり泡で髪の毛の1本いっぽんを包み込んで染めます。
必ず、お湯で頭皮と髪の汚れを軽く流した方がいいです。汚れが付着したまま「利尻カラーシャンプー」を使っても泡立ちは悪いし、汚れが邪魔をして染料が髪の表面に入り込みにくくなり染まりも悪いと考えます。

なぜ「シャワー」なのか。

利尻カラーシャンプーを洗い流す時は、シャワーを使うと良いです。成分が頭皮に残っていると頭皮トラブルの原因にもなります。
手桶や洗面器で湯船のお湯を頭にかけても、髪全体に充分にキレイなお湯が届かないのですよ。

しかも、まだだれも入浴していない湯船のお湯ならセーフですが、人が入浴してしまった湯船のお湯は一件奇麗に見えても皮脂や微量の菌で汚れています。
せっかく洗っているのに、汚れた水を頭皮や髪の毛にくっつけているようなものです。「頭皮トラブルが〜」とお悩みの方で湯船のお湯を使ってシャンプーをしている! という方は、シャワーに替えるだけで改善する場合もあります。

湯船の残り湯で洗濯をしたとき、匂いが気になりませんか?とくに雨の日などに洗濯物を部屋干しすると、水道水で洗った時も臭いますが、残り湯を使った時はさらに臭います。あれは、雑菌が増えているからなんですよ。ですので、残り湯洗い用や部屋干し用の洗濯洗剤は、その雑菌の繁殖を抑えるような成分が入っているんです。芳香剤をたくさんいれてカモフラージュしたり・・・。
洗濯物の場合、太陽の下で干せば紫外線の力で菌も死んでしまいますので何も問題ありませんが 頭皮だと〜・・・どうでしょうね。
最近、気になりだしたので洗濯物も残り湯を使うのは止めました。もちろんシャンプーの時もシャワーを使っています(昔は湯船のお湯を使っていました)。

充分に「すすげていない」と頭皮トラブルの一因に。

利尻カラーシャンプーは、しっかりと洗い流しておかないとかぶれやかゆみ、フケなどの頭皮トラブルの原因にもなります。

シャンプー液やリンス液は、しっかり落とさないと「フケ・かゆみ」などの頭皮トラブルの原因になります。利尻カラーシャンプーは、髪の毛の表面の内部に染まり込んで行く物ですので、髪の表面の上に付着している必要はないと思っています。シャンプー後は、しっかりと洗い流してシャンプー成分が頭皮や髪、髪の根元などに残らないようにしたいですね。

この利尻カラーシャンプーの成分は、粘り気があるような印象です。髪の毛にしっかり絡み付くようなねっとりした成分でできているのではないでしょうか。

「すすぎ」に関しても、湯船のお湯を洗面器などで頭にかけても充分にきれいなお湯が行き渡りません。すすいだ!と思っていても、洗い流せていないのがほとんどではないかと思います。「シャワー」なら、美容室にてシャンプーの体験をされた事のある方は分ると思いますが頭皮に近い所に近づけて洗えばシャワーの水流と水圧で勢いよく髪の毛の根元を洗い流してくれます。

01.png

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする