[白髪用]利尻ヘアカラートリートメントで「白髪を1本だけ染める」白髪染めテク

スポンサーリンク

[白髪用]利尻ヘアカラートリートメントで「白髪を1本だけ染める」テク

@コスメの口コミを読んでいて発見しました!思いついた方、ナイス(≧∇≦)ъ
一部の髪だけ染めるテクニックは、私は、経験はありませんがいわゆる「メッシュ」?みたいに部分染めカラーを美容室でやってもらっている感じでしょうか?

全体の髪を染める必要はないが、その数本の白髪だけを隠したい。そんな時は「白髪用 利尻ヘアカラートリートメント」を部屋染めで使用すると良いです。

まず、透明のラップを用意します。(美容室では、アルミホイルを使ってますかね?自分がメッシュを入れた事がないので、不明です。^^)
ar髪-アラカミ-白髪用利尻ヘアカラートリートメントで放置するときは、ラップを巻くとよいです^^
透明のラップは適当な大きさで
カットしておきます。

ゴム手袋を使えば簡単便利です!

1本だけの白髪をつまみます。

頭皮側にラップを広げて
白髪をラップの上に。

ゴム手袋をつけているので怖いもの無しで!
ar髪-アラカミ-白髪用利尻ヘアカラートリートメント:髪の表面だけを染めるマニュキアタイプです。効果的な使い方はいろいろ。ar髪-アラカミ-白髪染めのヘアカラートリートメントを使うときは、ゴム手袋が必須です

おもむろに「利尻ヘアカラートリートメント」を塗り付ける。
ええ、1本だけを染めるのでそんなに量は必要ないでしょう。髪をつまみながら塗れば作業が早いです。
ここで!一旦手袋を外し(ゴム手袋は、ティッシュの上などに置けば汚れない)ラップを適当な大きさにカットしおもむろにべたっと白髪の髪に貼る。(可能であればつつむ)
そのまま30分ぐらい放置する。
洗面台にて1本だけを洗い流してもよいでしょうがそのままお風呂に入っちゃえば簡単ですね。
一旦ぬるま湯のシャワーにて頭皮の汚れを落としながら一本染めをした部分をしっかり洗い流す。(普段のシャンプーのときもまず、ぬるま湯だけで汚れを落としてますか?しっかりと頭皮と髪をすすぐと、シャンプーの泡もよくたちすっきりキレイになりますよ。是非。)

これで1本だけの白髪もばっちり黒く染まります。

手がしっかり濡れておれば「素手」であつかっても手の爪やシワの間など酷くは汚れません。お風呂場でトリートメントを塗った髪をまずシャワーで大まかに流した後は素手で髪を触ってもよいです。

少しでも爪に色が付くと困る人はやはり「ゴム手袋」でしょうか。1本染め程度ならそんなに色は付きませんが。
使い捨ての手袋は調理用の(最近はよく飲食のイベントなどでも見かける)透明の若干カシャカシャするビニール製のものではなく「ぴっちり」手に密着するいわゆる医療用の手術に使うようなゴムタイプを使用するとよいです。「素手で大丈夫です」と公式サイトなどでうたっていますが爪の間に入ったりすると色が落ちにくいのでやはりゴム手袋を使うとよいですね。
私も、ホームセンターで箱買いしておこうと思います。ゴム手袋は、介護や育児にも使えるので一家に一箱あると便利だと思います。^^
ママともの1人が娘さんが1歳の時(今はもう7歳になってます♪)、便秘がひどくてゴム手袋をはめて取り出してあげてたっておっしゃっていたのを聞いて!なるほど!と。(ちなみに ママともは元看護師さん♪)その他、嘔吐下痢やインフルエンザなど感染系の病気にかかってしまった家族の介護や普段の親の介護時にもつかえます。
とにかく、
「素手」で使えるから簡単♪とはいっても、一応「ヘアマニュキア」ですから【利尻ヘアカラートリートメント】を使う時はゴム手袋を使った方が「爪」の保護になります。^^

追記:オススメなゴム手袋を発見しました

ニトリルの(使い捨てではない)ゴム手袋です、120円程度で1年も2年も愛用できます(2018年現在140円に値上がりしていました… かれこれ4年ぐらい使っています)。
ar髪-アラカミ-白髪染めトリートメントや白髪染めシャンプーを使うときに超便利なニトリルの耐油薄手ゴム手袋!毎日使用して2年も3年も4年も長持ちしています笑)
ar髪-アラカミ-ニトリルのゴム手袋。昔は120円でしたが、最近は140円です。5年以上同じゴム手袋を使っています。とても丈夫
※茶黒に染まっていますが、元々は真っ白な手袋です。ホームセンターにありました。LMSサイズがありまして、私はさっと外せるLサイズを愛用しています。Mサイズだとぴっちりでした。
身長168センチ、手はやや肉厚で大きい方です(指は短いですが…)。

ネイルとか爪の長い人はぴっちりとしたゴム手袋は、はめられないでしょうから、四苦八苦してゴム手袋をはめたり自宅であれこれするぐらいならお金をかけて「美容室」でマニュキアではなく「カラー」で染めると色も長持ちするので、そちらのほうがよいのかなと思います
数本程度の長さは長い白髪を美容室で染めるとなると全体のカラーを注文しないとちょっと損した気分になりますが…。

以前、私は部分的に白髪の髪だけを先に染める(他の髪よりも長く時間をおく)+全体をしっかり染めるで、通常のカラー料金にて白髪もしっかりと染めてもらえました。

しかしながら、部分だけ(しかも数本だけ)のカラーは全体染めよりも安くしてもらえたとしてもそれなりに高い。(いろんなところにまばらに白髪があると、結局、全体染めを薦められる)しかも髪がのびてくると根元だけがまばらに白くなるので放置もできない(汗



やはり自宅で白髪染めができる道具を揃えておいた方がよいです。 (。╹ω╹。)

「利尻シリーズ」を愛用できるかできないかは
体質(パッチテストで要確認!)
髪質(アルカリ性のパーマをかけたすぐの人は、染まらない)
ネイルに力をいれていない(長い爪では、ちょっとやりにくいと思います)
説明書をきちんと読める(使い方を覚えると簡単)
この4点をクリアできるかどうか。

「1本染め」程度の白髪の方→「利尻へアカラートリートメント」
「根元にチラホラ、髪全体にまばら」白髪の方→「利尻へアカラートリートメント」と「利尻カラーシャンプー」を併用
「全体」白髪の方→美しいから白髪のままでもよいかも?!/もしくは、美容室にてしっかりとカラーで染める

利尻シリーズは、特に美容室や市販のカラーで頭皮かぶれを起こしたことがある方にはオススメです(私も頭皮が弱いタイプです)。

自分に合う方法で、気長に自分の白髪とは付き合って行きたいですね。

根元までしっかり染めたい場合は・・・

ar髪-アラカミ-白髪用利尻ヘアカラートリートメントを専用のブラシ&コームを使わずに塗布する場合は、とにかくもみ込むと根元までしっかりと染まります。 ar髪-アラカミ-<白髪用>利尻ヘアカラートリートメントを使う時にあると便利な道具、初回に2本以上で注文すると無料で貰えます。通常価格1080円(2014年4月現在)
専用のブラシ&コームを使うと丁寧に塗布できますが、それがめんどくさい場合は手でしっかりもみ込むと良いです。

・専用のブラシ&コームを使う
・しっかりもみ込む(この場合は手袋必須だと思います)
・1回の量をたっぷり使う
・放置時間を長くする
・ラップをして保温キャップをかぶる(塗布した髪を温める)

ちょっとしたひと手間で、さらに染まりがよくなります。

更に良く染めたい場合は、キレイな乾いた髪に染める

ar髪-アラカミ-白髪染めをして、シャンプー後はドライヤーで乾かします
髪に水分が残っている場合よりも、乾いた髪の状態で染めた方がより染まりが良いです。

・整髪料が残っている髪では、染まりにくい
・汗やホコリで汚れた髪では、染まりにくい
・水分が残っている髪では、染まりにくい

シャンプー後すぐのぬれた髪 ⇒ タオルドライしたしっとりした髪 ⇒ 完全に乾いた髪

の順で染まり具合が良くなるという感じです。

シャンプー後すぐのぬれた髪に「利尻ヘアカラートリートメント」を使用する場合、10分程度の放置時間で1週間ぐらいで染まりを実感し始めます。シャンプー後すぐのぬれた髪で1時間放置は、色水が垂れ始めるし浴室内で裸の状態でしょうから現実的に無理があると考えます(汗)。この場合は、手がぬれているので素手でも扱える状態ですが…。

シャンプー後のタオルドライしたしっとりと濡れた髪に使用では、1時間放置でも2回目〜3回目で実感。完全に乾いた髪に使用(1時間程度放置)では、1回でしっかりと染まりを実感します。

新発想!白髪染めシャンプー - 株式会社ピュール
縛りナシの定期が初回半額!![白髪用]利尻カラーシャンプー

白髪染め!利尻ヘアカラートリートメント - 株式会社ピュール
初回限定1,100円off!![白髪用]利尻ヘアカラートリートメント