白髪染めの黒燿(こくよう)シャンプー&トリートメントを使ってみました。

スポンサーリンク

シャンプーとトリートメント両方使って初めて黒に染まります。

ar髪-アラカミ-こくようシャンプー&トリートメント。シャンプーは素手で使えます、一見普通のシャンプーです。トリートメントは念のためゴム手袋着用にて使いました。
なにやらこの黒燿(こくよう)は、シャンプー単体だけやトリートメント単体だけでは染まらない商品のようです。
「白髪染めシャンプー」は、利尻カラーシャンプーもそうですが1回や2回ぐらい使ったからといって黒く染まるという物ではありません。
1〜2ヶ月じっくり使ってみて使い心地や染まり具合、匂いや頭皮かぶれが無いか、髪のサラサラ具合などを試して見るとよいですね。
天然植物エキス(シャンリンバイ樹皮エキス・ログウッドエキス・シコンエキス)の成分により、髪に自然染料を施して白髪を目立たなくするという商品です。シャンプーにて白髪を染める商品は「白髪を隠す」程度に染まると思って良いです。ペンキを塗ったように真っ黒には染まりません。
しかしながら「時間をかけて」「自然に染まる」為、頭皮や髪には優しい商品であると言えます。

口コミにあった「鉄臭い」というにおいについて

ar髪-アラカミ-黒耀シャンプー、鉄くさくはありませんでした。植物の香りがします。
シャンプーやトリートメントの容器を開封してみましたが、まったく「鉄」の香りはしませんでした。
なにやら植物のほのかな香りがします。シャンプーを泡立てているときはまったくの無臭です。トリートメントを塗布しているときも無臭でした。
「無香料」とパッケージに記されているので、容器を開けた時に香って来たのは配合されている植物成分の香りだと思います。さわやかな香りでした。

シャンプーは素手で

ar髪-アラカミ-シャンプーは素手で大丈夫でした。黒燿(こくよう)シャンプー
シャンプーは、一見普通のシャンプーです。黒色の液ではありません。ゴールドがかった上品な色のシャンプー液です。泡立ても、すすぐ時も普通のシャンプーと同じ、泡の色です。
泡立ちはとてもよく、洗い上がりの頭皮はさっぱり感があります。利尻カラーシャンプーを購入した時の「頭皮もみブラシ」で軽く頭皮をもみながら洗いました。
超ロングヘア(おへそあたり)の私の髪で2プッシュ使いました。事前にブラッシングをし、お湯で軽く髪をすすいでから使いました。髪がべっとりよごれていると泡立ちも悪いので、なかなかシャンプーで上手く泡立てられない!という方は、シャンプー前にお湯で髪と頭皮を軽くすすいでみてください。

トリートメントはゴム手袋を使いました

ar髪-アラカミ-念のためトリートメントはゴム手袋にて。黒燿(こくよう)トリートメント。
濡れた素手で使ってもまったく問題は無いような感じでしたが、ゴム手袋を使ってトリートメントをしてみました。手指にシャンプー液の成分が残っていたらもしかしたら染まるかも??
トリートメントだけでは髪の毛は染まらないというので、シャンプー液が手に残っている場合のみ色が付きそうな感じです(次回は素手で使ってみます)。
超ロングヘアの私の髪で6プッシュ使いました。髪の毛が濡れている分、渇いた髪にヘアカラートリートメントを塗布するときよりもはるかに少ない量で髪の毛全体に塗布できるような感じです。
シャンプー後に必ずタオルドライをすべきです。10分ぐらい浴室内にてトリートメントを塗布したまま放置する必要があります。髪に水分が残っていたら黒い水がたれてくると考えます。
今回は、洗面室にてトリートメントをしました。軽くタオルで水気を拭いていたので、塗布するときはもちろん15分放置していてもまったく黒水は垂れて来ませんでした。

トリートメントのすすぎ水は「青」

黒燿(こくよう)トリートメントのすすぎ液は、なんと「青色」!いろんな白髪染め商品を試していますが、すすぎ水のいろは三者三様です。おもしろいですね。
こちらも浴室のタイルに石鹸成分などがこびり付いていると青に染まる可能性があります。浴室の清掃はこまめに行なうと良いでしょうね。
黒燿(こくよう)シャンプー&トリートメントの取扱説明書にも書いてありますが、もし浴槽やタイルの目地などに色が付いた場合は「食酢」や「塩素系漂白剤」をつけて10〜20分間程おき、ブラシを使って洗い流してください。
ar髪-アラカミ-浴室のタイルや目地を前もってカビキラーで掃除しておくと安心です。白髪染めシャンプー

洗い上がりの髪はさらさら

ar髪-アラカミ-黒燿(こくよう)トリートメントは、10分間のパック効果で髪の毛はさらさらになります。
頭皮のためにも、濡れた髪を長時間放置せず、入浴が終わったらすぐに髪をタオルドライをしてドライヤーでしっかり渇かしています。
利尻カラーシャンプーの場合は、セットの利尻カラーケアコンディショナーを使っただけでは満足の行くさらさらヘアにはなりませんでした。利尻ヘアクリームを併用するか利尻ヘアカラートリートメントを使うなどをしないとサラサラにはなりません。
この黒燿(こくよう)シャンプー&ヘアパックは、ヘアパック自体が利尻ヘアカラートリートメントと同じような感じなので充分にサラサラになります。
10分放置してトリートメントをしているので、それなりにしっかりツヤツヤになります。

さて、どの商品が使いやすいのか

結局の所、【普通のシャンプーをして→濡れた髪に利尻ヘアカラートリートメントを塗布し→浴室内にて10分間放置】と似たような染色工程です。
<黒燿(こくよう)シャンプー&トリートメント>
ar髪-アラカミ-シャンプーのポンプボトルの仕組みはおもしろい。くるっとまわすと出てくる構造が素敵。
・ポンプタイプで使いやすい(350ml)
・パッケージが好き(私個人的な意見)
・黒髪専用なところが好き(私個人的な意見)
・手に取るときの香りがいい(私個人的な意見)
・頭皮に優しい
・髪がサラサラになる
・ブランドは高年齢層向けだけどちょっと良い感じ(私個人的な意見)
・トリートメントをするときはゴム手袋推奨
・トリートメントの10分放置はめんどくさい
・シャンプーは素手で使えるので楽
・1〜2ヶ月で白髪が隠れる

<利尻カラーシャンプー&利尻カラーケアコンディショナー>
ar髪-アラカミ-愛用中の利尻シリーズ。自然派クラブサスティの公式サイトで購入できます。
・ポンプタイプの大容量(500ml)
・シャンプーするときはゴム手袋推奨
・シャンプーだけで染まる
・ライトブラウン用やダークブラウン用もある
・コンディショナーの力が弱い
・シャンプーにコンディショナーを併用すると色持ちがいい
・若干ブランドが高年齢層むけ(たぶん)
・トリートメントは素手で使えるので楽
・1〜2ヶ月で白髪が隠れる

<同じ使い方をした場合の、利尻ヘアカラートリートメント>
ar髪-アラカミ-手袋必須です、白髪用利尻ヘアカラートリートメント
・1つのパッケージが小さい(250ml)
・中身が出しにくい(特に最後)
・染まる力は強い(濡れた髪使用でも1週間あれば満足に染まる)
・10分放置はめんどくさい
・トリートメントをするときはゴム手袋推奨
・毎日使うには若干コストが高い
うーん甲乙付け難いですね。1〜2ヶ月しばらく黒燿(こくよう)シャンプー&トリートメントを使って染まり具合を体験してみます。
・黒燿(こくよう)シャンプー&トリートメントを使っていてもパーマができるのか
・どのくらい白髪が隠れる商品なのか
・超ロングヘアの私が使って、350mlボトルは何ヶ月もつのか
シャンプーは2プッシュ、トリートメントは6プッシュ使いました。単純にシャンプー:トリートメント=1:3 だと考えますので、追加でトリートメントを買っておこうと思います。

【『すぐに染まる』より『ゆっくり染まる』を。白髪染めシャンプー 黒耀】公式HP