梅雨のまとまらない髪の悩みを解決する根本的な方法は、結局コレ。

スポンサーリンク

焼け石に水的な方法では結局のところ改善しない

雨の日や梅雨の時期にはみんな「髪がまとまらない」というのが当たり前なのかと随分前にテレビのCMを見て思っていました。
ar髪-アラカミ-ボサボサの髪の毛
まとまるムースやミスト、スプレーなど、ほんとに様々な「髪をまとめる対策商品」がありますよね。

美容室にてちょっと高価なトリートメントを定期的に行なっている方も多いと美容師さんに聞いたこともあります。

美容室で定期的にトリートメントを行うと、とてもびっくりするぐらいに髪がサラサラになりますが、美容室に定期的に(例えば2週間に一回)通ってヘアトリートメントを続けられる層は、セレブリティな層か、ほかの何よりも美容費の比重を大きくできる人限定な話です。

私には、とても出来そうにもありません(費用的・時間的)。

手軽に髪にサラツヤ感を手に入れるためにはやはりドラッグストアやネット通販で販売されている「髪のうねりや癖をまとめる」「髪のツヤやサラサラ感をだす」髪ケア商品になります。

どの商品がいいの?とたいへん悩みますが、結局のところ一つづつ使ってみて試してみるほかありません。

だって、髪質は人それぞれですから。

○○ちゃんが「超サラサラになってまとまるからよかったよ!」とオススメしていた商品であっても自分の髪に合うかどうかは、使ってみないとやはりわかりません。

で、やっと自分の髪質に合った商品に出会ったとしても、買い続けて毎日使い続けるのもそれなりに大変です(私の場合)。

朝や夜のお手入れの流れに何も負担なくやれているのであれば大丈夫でしょう^^

私の場合は、毎朝毎晩髪の毛に何かしらのアウトバス商品をつけ、必要なものはドライヤーで乾かし、スタイリングを整え続けるなんてとても長続きしませんでした(汗。

そんな私でも、今となってはアウトバス商品もスタイリング剤も使わなくても髪はしっとりとまとまっています。

髪は、生える時の環境によって質が変わるので健康で美しい丈夫な髪になるかどうかはその時にかかってきます。
ar髪-アラカミ-毛根のイラスト
つまり「頭皮環境(血行、清潔、など)」「体内環境(栄養、健康、など)」「外部環境(紫外線、刺激、など)」を良好に整えることで美しい髪が生えてくるということです。

【傷んだ髪を毎日一生懸命お手入れする】よりも【美しい髪を生やすこと】に専念した方が「わたし的」には楽な感じがして、実際長続きしています。

・梅雨のたびに髪の毛のお手入れが面倒になる
・毎朝のスタイリングがとにかく大変

という場合は、一度【髪の毛が生えてくる時の状態】を改善すべく見直してみると良いかもしれません。

そもそもなぜ髪はまとまらないのか

空気中の湿気が多い「梅雨」の時期になるとなぜか髪がいつものようにまとまらない、という悩みをお持ちの方も多いかと思います。

髪の毛が空気中の湿気を吸込み、髪の毛一本一本にうねりを生じさせるのが原因です。

いえ、私は梅雨の時期だろうと雨の日だろうと髪の毛はまとまっているわよ、という方は、とても素晴らしいコンディションの髪をお持ちです。

なぜなら、湿気が多い日に髪の毛がまとまらないのは「髪のキューティクルが痛んでおり、空気中の水分変化によって髪の毛が影響を受けやすくなっている」からです。

根本的なうねり解決策は、髪の毛のキューティクルの状態を健康な状態に保つこと!

とても高価なヘアトリートメントを使っても、結局のところ、根本的な髪質は変わりません。髪は死んだ細胞ですからいくら栄養を与えたとしても表面をコートしてつやを作っているだけで、一時しのぎです。

なんども書きますが「髪の質を根本から、髪そのものを健康な良い状態に改善するためには【生えてくる所から健康な髪】である必要があります。」

ですので、食生活を変えたり、スカルプシャンプーやサプリメント、定期的なヘッドマッサージなどで頭皮の血行よをよくし頭皮環境を整えたり、シャンプーを使って髪のボリュームを出したり、ちょっとこれまでと異なった角度で美髪作りを意識する必要があります。

アラフォーになると薄毛などの悩みも重なって、どんどん髪が美髪とは程遠いものとなってしまいますので「まだ間に合う!」という意識をしっかり持ってケアすれば、必ず健康な髪や満足のいく髪の状態を手に入れることができますので決して「諦めてはダメ」です。

時には専門家の意見を聞くべく「育毛クリニック」などの無料相談へ足を運ぶのもありです。
ar髪-アラカミ-Dクリニック福岡 クレアージュ外来
薄毛の悩みだけでなく、白髪のことや健康な髪のことなど総合的に相談に乗ってもらえます(少なくとも私が通っているクリニックは)。
>>男性・女性両方のAGAクリニック「ヘアメディカル」カウンセリングは無料
ちなみに私はヘアメディカルグループの「Dクリニック福岡 クレアージュ外来(旧:城西クリニック福岡)」に通っています。

ドライヤーの使い方にも工夫を

シャンプー後の濡れた髪はまず温風を勢いよく当てて乾かします。 最後はちゃんとクール(冷風)をしっかりあてて、髪の毛を冷まします
ar髪-アラカミ-タオルドライ後、髪の根元から頭皮を乾かすようにしっかりとドライヤーをかけるのがポイント♪
そうすることによって、キューティクルが「きゅ」っと閉じてくれ、サラサラ髪になります。

冬の気温が低い季節、冷たい風を髪に受けたあと髪がサラサラになっていると感じたことはありませんか?

温風で乾かした後、ちゃんと「冷風」を使って髪をクールダウンさせればドライヤーに例えば「ナノイオン」とか「髪がサラサラになる」と言われるオプションが付いているものではなくてもちゃんと髪はサラサラになります。^^

頭皮や髪に付着した雑菌を繁殖させないためにも「できるだけ短時間で髪が乾く」単純構造で、風の勢いの良いドライヤーの方がいいです。値段も安いですしね。

真夏に車の運転をしていてエアコンの温度をものすごく(16℃ぐらいに)低くして「寒いっ(汗」というぐらいの強風を浴びた時など特に髪がさらっさらになるので、ドライヤーの冷風で髪の毛を整える方がキューティクルが閉じてさら髪になるのは、私は実体験により納得済みですので、超メンドくさがりな私でもこの「ドライヤーの冷風で髪の毛を最後に落ち着かせる」ということは続いています。

体の中から栄養を整えたり、ドライヤーの使い方紫外線を浴びすぎない髪を引っ張りすぎない自分にあったシャンプーを使う、などなど

ちょっと頑張るだけで美髪に近づけるポイントは生活の中にたくさんあります。

一つ一つ小さなことを長く続けていくことで、年齢を重ねても健康な髪が手に入ると思いますので、お互いに頑張りましょう!