濃密泡で染める「LPLP(ルプルプ)ヘアカラーフォーム ブラック」を試してみました。

【ビフォーアフター】
3回連続使用がなかなか難しいlplp(トリートメントタイプ)でしたが、この新しい泡タイプのlplpを乾いた髪に60分以上放置(ラップと保温キャップは必須)にて染めたところ、それなりに1回でちゃんと白髪が隠れる濃度に染まりました。

ar髪-アラカミ-ルプルプ白髪染め泡タイプを試してみました(ビフォー)

8週間白髪染めをしていない髪。ルプルプ白髪染め泡タイプを試してみました(ビフォー)
ザ白髪!という感じでギラギラしています(汗。髪ももつれ、フケもちらほら(汗

 

ar髪-アラカミ-ルプルプ白髪染め 泡タイプ乾いた髪に60分放置(アフター)

ルプルプ白髪染め 泡タイプ:乾いた髪に60分放置(アフター)
しっとり落ち着いた感じになりました。ちゃんと白髪も隠れています。

その後、何も白髪染め行為をせず放置していたら1週間ほどで染まった髪色は元に戻りました。
これらを考慮すると、1回目は長めに放置して染め、その後は毎日の入浴前などに目立つ部分に泡をつけて10分放置。そうすることで良い具合の色をキープすることができる感じです(この使い方も近いうちに試してみたいと思います)。

【今回試した時の髪の状態】
・白髪染めシャンプーをやめて2ヶ月目の髪
・パーマやヘアカラーは一切無しの髪
・毎日シャンプー(マイナチュレシャンプー)のみ、コンディショナー類は一切無しの髪
・乾いた髪に部分染めで1時間放置
・放置中は、ラップ&保温キャップを使用

スポンサーリンク

泡タイプのルプルプを使ってみた感想

泡タイプの白髪染めは初挑戦でした
そろそろ白髪染めをしなくちゃいけないかな?と強く感じ始めたのが38歳ごろです。

今年で42歳になってしまいますが、すっかり白髪の量が増えました。

今回、LPLPから新発売になった濃密泡タイプのヘアカラーフォームを試すにあたり、約二ヶ月ほど「[白髪用]利尻カラーシャンプー」の使用をやめて、普通のシャンプーのみで過ごしました。

二ヶ月間、白髪染めを放棄してみてよくわかったのが「髪をかき分けると中身は白髪だらけ(汗」

ar髪-アラカミ-41歳、しっかり内側の白髪が増えました

41歳、しっかり内側の白髪が増えました(汗

「後頭部など特に自分が気にしないところに意外と白髪が増えた」「ロングヘアの先の方まですっかり白髪な髪が複数本ある」ということ(汗。
ar髪-アラカミ-41歳、毛先までナガーーーイ白髪が伸びました(汗

うわー、すっかり歳をとってしまったという感じです。

「アラフォー」でひとくくりにしちゃっていますが、38歳もアラフォー、42歳もアラフォー…。

頑張れ自分!と励ましながら、老いとの日々戦いだなと思う今日この頃です(汗。

トリートメントタイプやシャンプータイプとの違い

シャンプータイプの白髪染めは、髪全体を白髪染めするので、毛先の白髪もしっかりケアしてくれます。
毎日のシャンプーの代わりに使うので、慣れてきたら無意識で白髪染めが続くのでめんどくさがりの私には一番ぴったりだと思って使っています(今回、新しく購入したLPLPの泡タイプのヘアカラーフォームを「使おう」「使おう」と思って、やっと使ったのが2ヶ月目なので…。どんだけ腰が重いねん!って感じで自分でも情けないなと思います(汗)

トリートメントタイプの白髪染めは、髪全体に塗布して染めることもできますが、専用のコーム&ブラシなどを使って、きになる表面の白髪のみをさっと部分的に染めるという使い方も可能です。
歯磨き粉や洗顔フォームをチューブから出すみたいな感じで必要な分だけ容器から出して、髪に塗る。液だれもしないので、慣れてきたら短時間で気になる部分にさっと塗ることができるようになります。商品によって異なりますが、利尻やLPLPに関して言えば、伸びは良いです。

長時間放置する場合はラップと保温キャップを使って乾燥を防がないとすすぎでよくすすげません。
ar髪-アラカミ-自宅での白髪染めには必須!ラップと保温キャップ
以前「ヘアカラートリートメントを長時間放置してみたけど、すすいでもなかなか落ちない!」との口コミを見かけましたが、きっとこの方はラップを使っていなかったのでは?と思います。
私もラップなしで長時間放置してみたこともありますが、髪の毛や頭皮に白髪染めがこびりついて、すすいでも取れずこの方の口コミのようになりました。
長時間放置する場合は、ラップは必須です。
ar髪-アラカミ-自宅での白髪染め
私は超ロングヘアなので、ヘアカラートリートメントを使って自宅で髪全体を染めるというのは結構難しいです(髪全体に使うと量も半端ない。壁に飛び散る可能性UP)。そもそも黒い髪の部分は染める必要はないのでいつも白髪が目立つ部分だけを部分染めをしています。

そういう点では、ロングヘアで白髪の割合が増えてきた私にとってやはりぴったりなのはシャンプータイプの白髪染めなのかなというところですが濃密泡タイプの白髪染めが気になったので使ってみることにしました。^^

髪にのせるとすっと液状に変化する泡

昔、市販の混合系ヘアカラーで「泡で染める!」みたいなタイプのものがあり、使ってみたことがあったので、今回使ったLPLP濃密泡タイプのヘアカラーフォームも泡がシャンプーみたいに最後まで髪の毛にのっているところをイメージしていましたが、はい、違いました(笑)。

専用のブラシに泡を出して髪の毛にのせると、すっと液状に変化し、髪の隅々に沁みていく感じのものです(詳しくはレビュー動画にて)。
ar髪-アラカミ-lplp泡ヘアカラーフォーム

LPLPヘアカラーフォーム(泡)