[白髪用]利尻ヘアカラートリートメント×脂漏性湿疹ケア用スカルプシャンプーKADASONの相性は?

数週間に1回、乾いた髪に使ってしっかり白髪を染める「[白髪用]利尻ヘアカラートリートメント」と併用するシャンプーはどれがいいのか、模索中です。洗浄力が強いシャンプーと併用すると、すぐに色落ちしてしまいます。頭皮湿疹なども防ぐスカルプシャンプーとの併用はどうかなと長期的に使ってみた感想を書いています。

スポンサーリンク

併用して2週間以上が経ちましたが、一応、白髪は隠れています

最初の1週間は、しっかりと白髪は隠れていました。[白髪用]利尻ヘアカラートリートメント(ブラック)を使って染めたので白髪は「真っ黒」に染まっていました。

ar髪-アラカミ-白髪用利尻ヘアカラートリートメントを使って乾いた髪にしっかり1時間放置で染めた
しかしながら1週間をすぎた頃から白髪がチラホラ見えてきました。↑
今回毎日使ったシャンプーはやや洗浄力の高いとされる「脂漏性湿疹ケア用スカルプシャンプーKADASON」です。
ar髪-アラカミ-脂漏性湿疹やフケなどの改善にカダソンシャンプー
初日が特に表面の色がドーーーッと落ちているのがわかるくらいにすすぎの水が濃い紫色でした。 その後は特にすすぎの水に色がつくこともなく、普通にシャンプーをしているのと同じ感じでした。
通常、[白髪用]利尻ヘアカラートリートメントを乾いた髪に1時間放置で染め、[白髪用]利尻カラーシャンプーを使っていると2-3週間ぐらいは真っ黒をキープしますので、1週間すぎた頃から白髪が目立ってきところを考えて比較すると色落ちは早かったという結論に。
ところで、この「脂漏性湿疹ケア用スカルプシャンプーKADASON」は、脂漏性皮膚炎の特徴であるまとまりのあるフケがある場合などに有効なシャンプーで、低刺激で無添加、頭皮環境の改善に特化した成分を厳選して配合しているものです。

頭皮の荒れや痒みによる抜け毛、肌荒れからくるフケなどの悩みをお持ちの方にお勧めできるシャンプーです。

皮膚科専門医の監修で開発された
脂漏性皮膚炎で悩んでる方のためのスカルプシャンプー

脂漏性皮膚炎のための99%天然由来成分シャンプー【KADASON(カダソン)】
KADASON(カダソン)シャンプー

洗浄力の違いにより、色もち期間は確かに異なるが

私の過去の記憶によると、[白髪用]利尻ヘアカラートリートメントを単体で使い、洗浄力が弱いシャンプーを使っていて2週間は「真っ黒」をキープしていました。
なるほど、スカルプシャンプー系の洗浄力の強いシャンプーを使うと色落ちのスピードが早いということが確かにわかりました。

しかしながら、【KADASON(カダソン)】を併用していても1週間ほどは白髪を「隠している状態」をキープしているため、「白髪用利尻ヘアカラートリートメント(ブラック)」とこのスカルプシャンプー【KADASON(カダソン)】の併用はありかなと個人的には思います。
ar髪-アラカミ-脂漏性湿疹をケアするシャンプーを使いながら白髪染めをする
なぜ今回【KADASON(カダソン)】を使ってみたかというと、出張や外泊が続きしばらくホテルや実家やその他の場所に置いてある市販のシャンプー使い続けていて、ふと気づくと湿ったフケがもみあげのところや首の後ろに貯まるようになり、さらに首の髪の毛の生え際に赤い湿疹ができてしまったからです。
ar髪-アラカミ-脂漏性湿疹っぽいかぶれ、皮膚が剥がれて痛痒いです

シャンプーの成分が自分の頭皮に合っていなかったということもあるかもしれませんが、何よりも出張や外泊だと忙しい中でささっと入浴し、ゆったりシャンプーに時間をかけておらず(よく洗えていない、よくすすげていない)、シャンプー後もすぐにドライヤーで乾かさなかったり濡れたままで寝てしまったりもあったのでそのあたりが総合的に頭皮環境を悪化させた結果のふけかゆみだったとは思っています。

もちろん皮膚科にも行きました。シャンプーを変えた(市販のシャンプーばっかり使っていた)ことを皮膚科の先生に伝えたところ「心当たりがあるなら、まずシャンプーを変えてください」と注意をされてしまいました。
洗い方やすすぎ方も再度説明を受けました(過去、何度かシャンプー指導を受けている私…)。
白髪染めの成分を抜くために自宅では別のメーカーの普通のシャンプーを使ったりもしていましたが、ここは思い切って湿疹を改善してくれるシャンプーを使ってみようと思ったところでした。

皮膚科専門医の監修で開発された
脂漏性皮膚炎で悩んでる方のためのスカルプシャンプー

脂漏性皮膚炎のための99%天然由来成分シャンプー【KADASON(カダソン)】
KADASON(カダソン)シャンプー

カダソンシャンプーを使い始めた人は、同時に白髪染めにも苦労しているかと思います(美容室での白髪染めが頭皮にしみる・かゆい・痛い、市販の2剤混合のヘアカラーも頭皮がヒリヒリして使えないなど)。
この利尻のヘアカラートリートメントは、頭皮にも優しく、私が使っていて長年悩んでいた頭皮環境が改善した白髪染めです。

利尻のカラーシャンプー単体使いでもフケやかゆみが出ることなく快適に白髪染めができます。頭皮に良いとされるナチュラルな育毛シャンプーよりも利尻カラーシャンプーの方が頭皮に合っているとさえ思っています(白髪染め成分が入っているくせに、私の頭皮にはとても合っている!)。

パッチテストを行い問題なければこの利尻シリーズは、頭皮環境に悩み美容室などでの白髪染めができないという方にはとても使いやすい良い商品です^^

たまに頭皮クレンジングを使って頭皮をリセットすることも長く愛用していける方法の一つです。

今回使っているのは、
[白髪用]利尻ヘアカラートリートメント(ブラック)
白髪染め!利尻ヘアカラートリートメント - 株式会社ピュール
初回限定1,100円off!![白髪用]利尻ヘアカラートリートメント

次に…別の育毛系のシャンプーと併用してみたらどうか、検証してみたいと思います

「白髪用利尻ヘアカラートリートメント(ブラック)」と相性のいいシャンプーは、はたして何か。
当然ながら「白髪用利尻カラーシャンプー(ブラック)」と併用するのが一番色落ちせず色を長期間キープできると確信していますが、普通のシャンプーと併用した場合どうかというのが知りたくて、再度別の育毛系のシャンプーを使って検証してみたいと思います。

次に試すのは「マイナチュレ・シャンプー」です。
ar髪-アラカミ-無添加ノンシリコンの育毛系シャンプー マイナチュレ!使ってみました
現在のパッケージはこれ▼
ar髪-アラカミ-マイナチュレシャンプーのパッケージ変更、現在はさらに異なるパッケージになっています
現在、注文に対して生産が追いついていないという大人気で品切れ状態のマイナチュレ・シャンプー(無添加・頭皮ケアシャンプー200ml)ですが、こちらのシャンプーは、小学生の子供も含め一年ほど前から家族で愛用しているシャンプーです。

マイナチュレは、育毛剤と併用できる頭皮ケアのシャンプーで、洗浄力を主とするものではなく、頭皮毛髪保護成分・保湿潤い成分・毛髪補修、ハリ、ツヤ、弾力成分・結構促進と頭皮ケア成分・抗菌抗酸化(老化防止)成分・フケ、かゆみ、消臭成分などアミノ酸系・天然植物由来の29もの成分をたっぷりと配合されているノンシリコンシャンプーです。

現在の髪はまだ「元々の白髪のようなギラギラした真っ白な白髪」ではないので、もうしばらくこのまま洗浄力の強いシャンプーでヘアカラートリートメントの色を落とし、染めから4週間ほどが経った頃に再度利尻ヘアカラートリートメント(ブラック)でしっかり染めて、次は「マイナチュレ・シャンプー」で毎日シャンプーをし、「真っ黒」具合がどのくらいの期間キープできるか検証してみたいと思います。

「白髪を隠すだけではなく、とにかくより濃い黒髪に近い色がいいのよ」という場合は、「白髪用利尻ヘアカラートリートメント(ブラック)」を普通のシャンプーや白髪用利尻カラーシャンプーと併用して使うといいでしょうね。

今回使っているのは、
[白髪用]利尻ヘアカラートリートメント(ブラック)
白髪染め!利尻ヘアカラートリートメント - 株式会社ピュール
初回限定1,100円off!![白髪用]利尻ヘアカラートリートメント