Dクリニック福岡 クレアージュ外来から処方されている発毛薬について

Dクリニック福岡 クレアージュ外来(旧:城西クリニック福岡)での女性の発毛・育毛治療には、つけ薬(いわゆる発毛剤:ミノキシジルゲル7%外用薬)と飲み薬(ミノキシジル内服薬)とがあります。
ar髪-アラカミ-Dクリニッククレアージュ外来で処方される薬(2017年現在)
一番効果があるのは「内服薬」と「外用薬」の併用です。
次に効果があるのは「内服薬だけ」
その次に効果があるのは「外用薬だけ」
という順番だと説明を受けました。

【Dクリニック福岡 クレアージュ外来(旧:城西クリニック福岡)(発毛治療専門のヘアメディカルグループ)で処方される内容と料金】
●診察料+内服薬+外用薬 32,400円(税込)
●診察料+内服薬 27,000円(税込)
●診察料+外用薬1本+ビタミン類の内服薬 16,200円(税込)
※外用薬は1本追加ごとに+5,400円
※2017年9月情報
Dクリニック クレアージュ外来(女性専用)

Dクリニック(男性専用)

クリニックでの発毛・育毛治療は、どこのクリニックでも条件は同じですが「治療を止めるとまた元の髪の状態に戻り」ます。
これは絶対。

ですので、発毛・育毛クリニックでしっかり治療をしたい場合は、やめた時のリスクも理解した上で通う必要があります。
また、即効性のある強い発毛作用のある組み合わせのもの(外用薬と内服薬の1番濃い配合のもの)は
・治療を止めた時のギャップが「大きい」
・むくみや動機などの副作用が「出やすい」
・身体全体が多毛になるため、ムダ毛も当然「より濃くなる」
というデメリットがあります。

しかしながら、効果が少ないものは、やめたとしてもあまり変化を感じませんが、そもそもの治療を行って自分の満足のいく髪の状態は、それなりに濃い組み合わせのものになってしまうのが現状ではないかと思います。

私は今、飲み薬の2段階目の濃さのものを処方してもらっています。
基本的にめんどくさがりなので、外用薬(育毛剤)を毎日頭皮につけるなんてできないと思いました。
ですので、今回の治療は最初から飲み薬のみの希望でした。
(本格的にDクリニック福岡 クレアージュ外来に通う前1年前に一度「ビタミン類の内服薬とつけ薬を1本」処方してもらったことがあります)
ar髪-アラカミ-Dクリニック福岡のクレアージュ外来で処方された薬

治療開始時は、飲み薬の1段階目の濃さのものを8ヶ月ほど飲んでいましたが、気になっていたおでこの細い毛の部分が「なんとなく」太くなってきた「かなぁ」程度でそれほど劇的な変化がなかったので副作用とのこともドクターから説明を受け納得した上で2段階目の濃さに変更しました(MAから→MBへ)。
ar髪-アラカミ-Dクリニック福岡クレアージュ外来から処方してもらった薬、旧パッケージ

スポンサーリンク

効果はどんな感じ?実感できてる?

私の場合、濃さを一段回アップすることで、しっかりと満足のいくボリュームが手に入りました。

今、処方開始から10回目です。
(つまり10ヶ月目)。

根元から一本一本の髪がしっかり立ち上がっている感じです。
薄毛に悩んでいた頃に撮った国際運転免許証用の写真を見て「うわー、こんなにぺったんこだったんだ(汗」とつい最近思いました。
一番薄毛に悩んでいた頃と今とを比較してみるとよくわかります。

◉↓2016年11月撮影:Dクリニック福岡 クレアージュ外来に通う前(全体的に髪がぺったんこで、かなりボリュームがなく、おでこの地肌が見えています。人前に出るのが恥ずかしい。髪を束ねているので尚更。)
ar髪-アラカミ-Dクリニック福岡クレアージュ外来に通う前のぺたんこ髪

◉↓2017年8月撮影:Dクリニック福岡 クレアージュ外来に通院9ヶ月ごろ(全体的にふんわり、おでこの部分の毛も太くなってきた。髪を下ろしているので若干ふんわり具合はUP。)
ar髪-アラカミ-Dクリニック福岡クレアージュ外来に通い始めた後の髪のボリューム
◉↓2017年8月撮影:Dクリニック福岡 クレアージュ外来に通院9ヶ月ごろ(髪を束ねている状態。2016年11月に比べると普通の人並にちゃんと見える毛量がある。)
ar髪-アラカミ-Dクリニック福岡クレアージュ外来に通い始めました
継続は力なり。

※必ずしも100%の人に治療効果が現れるものではありません。毛の生え方には個人差があります。

発毛薬を飲み始めてからの私の腕や脚のムダ毛の状態

◉↓発毛の内服薬を飲む前(と内服薬の濃さが1段階目の時もこのぐらい)の産毛程度の腕毛(2015.05.24撮影)
ar髪-アラカミ-発毛クリニックへ通い、再度剛毛になって家庭用脱毛器で処理した毛
◉↓内服薬の薬の濃さが2段階目の時の腕毛:女性としては剛毛の部類に入るだろう毛の濃さと長さ(2017.09.01撮影)
ar髪-アラカミ-育毛クリニックに通うようになってからすっかり剛毛に・・・
育毛の飲み薬がしっかりと効いている事を腕の毛のへの変化でも実感しました。

◉↓家庭用脱毛器(「ケノン」公式ショップ)を使っている腕(2週間間隔で2回照射後1ヶ月経っても生えてきていません)(2017.09.06撮影)
ar髪-アラカミ-発毛クリニックへ通うと、一旦剛毛になりますが家庭用の脱毛器で処理をすればすぐに戻ります

ムダ毛は、家庭用のフラッシュ脱毛器(オススメは家庭用脱毛器(「ケノン」公式ショップ))を使えばなんら気になるものでもありません。^ ^ オススメ!
ar髪-アラカミ-家庭用脱毛器のケノン
>> 家庭用脱毛器(「ケノン」公式ショップ)

確実に満足いく育毛・発毛治療をおこなうなら市販の育毛剤に頼るよりも、早い時期からクリニックでしっかりと飲み薬を使って治療をするのが近道です。

女性向けAGAクリニック「Dクリニック福岡 クレアージュ外来」は、ローンや現金でのチケットのまとめ買いなどはなく、来院ごとの支払いなので普通に病院に通っているのとなんら変わらない感じです。
私の場合に診察券は他の病院の診察券と同じカードケースに入れています。
ar髪-アラカミ-Dクリニッククレアージュ外来の診察券
不妊治療の外来などの場合も実費の検査や治療も多いので、発毛クリニックも単なる「全額自己負担」の同じような通院だという認識で毎月通っています。

Dクリニック福岡 クレアージュ外来には、どのくらいの間隔で通うのか

気になる通院間隔ですが、私は、毎日飲む薬を「1ヶ月の処方(30日分)」で出してもらっているので毎月薬がなくなる頃に通っています。
Dクリニック福岡 クレアージュ外来は担当医制ではないので、基本的にはどのドクターに診察してもらっても大丈夫なのですが私はなんとなく毎週金曜日の決まったドクターに診察をお願いしています。

他の方については、私が会計を待つ間に「ちらりとみた感じ」からするとみなさんだいたいが1ヶ月ごとの通院でごくまれに2ヶ月ごと、3ヶ月ごとの通院の方がいらっしゃる という感じです。
(あくまでも私が通院する時間の会計に遭遇した方々についての割合)
どういう場合が2ヶ月ごと3ヶ月ごとになるのかというと
長期的な治療の結果、薬の効果(自分の髪の毛の状態)に満足している状態の方が、「毎日薬を飲み続けるのは大変」と感じ始めた時に「1日おきや2日おき」などに薬を飲む間隔を徐々に長くしながら髪の状態を維持できるような薬の濃度に調整している場合です。
通常の1ヶ月分を処方してもらって、1日おきに飲めば2ヶ月に1回の通院で良くなりますし、2日おきに飲めば3ヶ月に1回の通院でよくなる計算になります。^^

院内配合の育毛剤と飲み薬の併用者がちらほら。
飲み薬だけの方もちらほら。
育毛剤だけの方は、まだ見かけたことがありません。
せっかくクリニック(病院)に通っているんだから「ちゃんと治療したい」という方が多いのだと思います。

※2022年3月現在、新型コロナの影響もあり、数年前から長期間の電話診療が可能になっています。薬は郵送で送られてきます(送料はかかります:緊急事態宣言が出ていた時には送料無料、電話診療の期間も延長になっていました)。飲み薬の処方の為には1年に1回、血液検査結果をFAXや郵送する必要がありますので提出がないと薬の処方はされません。連続での電話での診療が可能な期間も決まっていますので年に1回は通院する必要は出てきます。

※女性専用のDクリニック クレアージュ外来では、発毛治療を行なっている方限定で発毛薬の使用により増毛してしまったムダ毛の「光脱毛」や美容系の「プラセンタ注射」「ビタミン剤注射」も始まりました。

 

Dクリニック クレアージュ外来(女性専用)

Dクリニック(男性専用)

発毛クリニックに、何歳まで通うことになるのか問題

一生涯「発毛薬」を飲み続けることはないと思いますので(多分)、90歳とか?そのあたりの「やめどき」って難しいですね。

私は今まだ40代なのでまだまだ治療は定期的に続けていく予定ではありますが、たまにふと「はて、私は一体何歳まで発毛薬を飲み続けるのだろうか」と考えることがあります。

でももし、辞める時がきたとしても急に薬を飲まなくするのではなく、1日おきで数ヶ月。2日おきで数ヶ月。3日おきで数ヶ月。と徐々に薬を減らしていくことで「急に薄毛になったよね?」と周りから心配されることが少なくなります。

クリニックでも「治療を止めるときは、徐々に薬の量を減らしていくのがベストでしょうね」と説明を受けました。

薬を止めると、(先述しましたが)髪の状態は元に戻ります。これまで以上に食事のバランスを気をつけ、運動をしたり、頭皮環境を良くする日常習慣を身につけたり「髪を健康に保つ」努力がさらに必要になります。
手軽に発毛薬を飲んで髪のベストな状態を維持するか生活改善でできるだけ満足に近づけるように日々努力するか

ある程度年齢を重ねたら次は植毛でしょうかね。

発毛・育毛治療ができない人、中止しないといけない人

発毛クリニックの治療薬は「妊娠したら」発毛・育毛薬(院内処方の内服薬)は飲めません。頭皮に使う外用薬もNGになります。
私40代ながら、もう一人子供が欲しいと不妊治療を行なっています。妊娠することは喜ばしいことですが、同時に発毛・育毛薬を飲むことができなくなるのでちょっと怖い気がします。

「妊娠が判明したら」きっぱり辞める必要があるので「徐々に薬を減らす」時と異なり、一気に髪が貧祖になりそうです(汗。

発毛クリニック処方の発毛・育毛剤も頭皮とはいえ体の中に浸透していく薬なので、妊娠・出産・授乳中は控えてください(というか使わないでください)と説明を受けました。
可能性としては限りなく少ないですが「もし妊娠してしまったら」さてどうしようと考えていたりします。

Dクリニック クレアージュ外来(女性専用)

Dクリニック(男性専用)